EDM&洋楽のまとめサイト

洋楽!特にEDMを追求していくサイトです!

未分類

【コールドプレイが支持】交通事故で全メンバーが他界した悲劇のindieバンド、Viola Beach

7


デビュー作にして遺作...イギリスのインディーポップバンド<ヴァイオラ・ビーチ>がセルフ・タイトルのデビューアルバムをリリース。

今年2月のスウェーデン・ツアー中に車が橋から転落しメンバー4人とマネージャーの全員が亡くなるという悲劇に見舞われた

ビオラ・ビーチは昨年にイギリスでデビューシングルを発表し、初の海外公演を行った。
その後イギリスのギルフォードにて別のライブ出演がスケジュールに入っており、それに向かう途中での事故の様だ。

『ガーディアン』紙によれば、車は高速道路の橋から街の運河に24メートル突っ込んでいたという。

多くのミュージシャンが追悼のコメントを発表

コーティナーズのリアム・フレイ 「アップビートで有望な若い男性のグループが新天地に繰り出しただけなのに。残酷な、残酷な世界だ」

The Enemy「ヴィオラ・ビーチとマネージャーよ、安らかに。なんてすごく悲劇的で、悲しいニュースなんだろう。友人や家族、関係者のみなさまにお悔やみを申し上げます」

Blossoms「ヴィオラ・ビーチとクレイグ・タリーが亡くなって、完全に打ちのめされてる。友人や御遺族にお悔やみ申し上げます」

事故直後には、元オアシスのリアム・ギャラガー、カサビアン、 ザ・ストーン・ローゼズなどが彼らのシングル「Swings & Waterslides」を1位にしようという運動がSNSで展開された。

コールドプレイは世界屈指の音楽フェス<グラストンベリー>にて追悼パフォーマンスを披露

コールドプレイのクリス・マーティンは「最悪のことが起こってしまったと思った。彼らにとって違った未来を作り出したいと思ってるんだ。彼らにグラストンベリーで曲を演奏してもらおうと思うんだよ」と語り、実際にヘッドライナーを務めた同ステージで、ヴァイオラ・ビーチが演奏する映像をステージのバックに映し出し、音源に合わせるように「Boys That Sing」をパフォーマンスした。

没後に発売されたデビュー・アルバムが全英1位を獲得!!!

国内外の著名音楽メディアでも絶賛されている。

Q Magazine ★★★★ 「ウォリントンの4ピースバンドは、相応しいデビューを飾った」
Daily Star ★★★★ 「キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンを彷彿させるチューンで、エネルギーに満ち溢れている」
Sunday Express ★★★★「極上のギター・ポップ - アルバム・オブ・ザ・ウィーク」

ro69「重心後ろでスラッカー気味な演奏、荒削りながらその削り取られた破片がチラチラと繊細な光を放つメロディ、ぴたりとはまるコーラスは、リバティーンズやクークスを彷彿とさせる。」

アルバムについて遺族がコメント

「(前略)このアルバムは彼らの残したレガシーです。自分たちの全てを注いだ音楽を世界に聴いて貰いたいとあの子たちは願っていた、そう信じて止みません。このアルバムはバンドの長いキャリアへのほんの取っ掛かりに過ぎなかったはずで、ここに収録された9曲をどれだけ分かち合い、聴いて貰い、楽しんで貰いたかったことでしょう。作りながら息子たちが感じた楽しみと幸せを皆さんに聴いて、味わっていただければ本望です。」

日本でもアルバムが発売に

バンドメンバーの意向を完全に反映できたものではないかもしれないが、本作は批評家や著名な音楽メディアから高く評価されている。UKらしい王道のギターポップに、若き頃に経験するビタースウィートな歌詞、思わず口ずさみたくなるキャッチーなメロディ...ヴァイオラ・ビーチのメンバーが溢れんばかりの情熱を注いで完成させた最初で最後のアルバムを日本でもぜひ聴いてもらいたい。

-未分類

×