EDM&洋楽のまとめサイト

洋楽!特にEDMを追求していくサイトです!

未分類

【日本人】2016最新 綺麗系 Progressive Houseまとめ【クラブミュージック】

7


Progressive Houseとは

Progressive House(プログレッシブ・ハウス)は、ハウスミュージックの派生ジャンルです。

一般的にProgressive Houseというと現在主流のEDMを指しますが本まとめはDinkaやTalamancaを代表とするMelodic Progressive Houseの中から、2015年末から2016年までにリリースされた日本人アーティストによる作品を紹介していきます。

Progressive House界の宇多田ヒカルこと武川アイをゲストボーカルに迎えた“Calling”のリミックス作品。

SanaasによるPineapple Digitalからのリリース。高揚感、多幸感に包まれるDinkishなサウンドは必聴。

薬剤師プロデューサーYasuhaによるオリジナル曲。タイトルの世界観を独特なサウンドで表現している。Moonscape Recordsからのリリース。
sunsetmelodiesのレーベルメイトで同じく愛知を拠点とするZoruと共に国内外で注目度急上昇中。

Vitoditoによる武川アイのボーカル曲KooriをKazusaがリミックス。スペインEncantaからのリリース。

レペゼン札幌をコンセプトにTomoyuki Sakakida主宰レーベルSKKDからリリースされたコンピレーションアルバムSapporossiveを代表するチンカスSadboy。
Beatport総合チャート8位という今年一番の大ヒットを記録しBeatportトップページに表示されたことや、
Shingo NakamuraがSilk Musicショーケースでプレイしたこと、
「美しいメロディに心惹かれたが曲名を調べなければよかった」というProgressive Houseファンの後悔のツイートがTL上に溢れたことでも話題となった。
4氏の個性を紡ぐSuizinのメロディワークが随所に光る。

Ryo NakamuraのProgressive House Worldwideからのリリース。
Akihiro Ohtani,Roald Veldenらのリミックスを収録したEPはBeatport Progressive House Release Chart Top100で1位を記録。

Pineapple Digitalよりリリースされた宮崎県のプロデューサーKelottiによるリミックス。圧倒的な展開力、音色一つ一つの作り込みとそれぞれの空間系処理等ディテールまで拘って繊細に作り込まれており聴くたびに新たな良さを感じられる一曲。

京大出身の高学歴プロデューサーKeisuke Kimuraのオリジナル曲。非常に寡作だが楽曲のクオリティとその世界観は既に完成されており来年以降の活躍が期待される。

AKI AmanoのSilkからのリリース。タイトル通り夕暮れ時を彷彿とさせるメロディが哀愁を誘う。

Moonscape Recordsからのリリース。煌びやかなリード音がコードプラックとピアノを一層引き立てる。

海外のDJを中心にヒットした作品。Progressive House系DJのミックスを聴くたびにこの曲を耳にするという時期があったくらい世界中でパワープレイされた曲。

Rock River Recordsを主宰するTakuma IwakawaのLoveをZoruがリミックス。Midnight Coastからのリリース。

Pineapple DigitalからリリースされたコンピレーションアルバムElemental Progressions Volume 5に収録されているSTNKのWhite Bird。決して急ぎすぎない展開や壮大な空間の演出はまさにMelodic系の王道。

OtographicからリリースされたKyohei Akagawaの回帰線。細部まで計算され次々に押し寄せるサウンドはリスナーに立ち止まることを許さない。

Hiromori AsoのIsolationをFuyukiがリミックス。こちらは国内のレーベルRock River Recordsからのリリース。

ITMの最新作Shift。Pineapple Digitalからのリリース。

OlucaのPineapple Digitalからのリリース。ジャジーなピアノサウンドを全面に押し出した上品な作品。

札幌のプロデューサーSuizinによるリミックス作品。リリースはAdriatica Records。

Alinutのソロアルバム「MILKY WAY」の収録曲Two Wings。岐阜のDJ,Bernisとのコラボ曲。

Otographicからリリースされた茨城のプロデューサーKIWAMUのオリジナル曲。穏やかなパッドと優しいサウンドが心の安らぎを誘う。

Sunlight ProjectのCrystal RainをZANIOがリミックス。Incepto Musicからのリリース。

Shin Itagakiのオリジナル曲。やや固めなプラックでProgressive Trance,Uplifting寄りなサウンド。Rock River Recordsからのリリース。

KanaによるFurkan Senol - Windのリミックス。ブレイクのギターサウンドではリバース処理された残響音がタイトルの世界観を匂わせる

Shingo NakamuraのThe FourをYuji Onoがリミックス。Silk界隈のプロデューサーの作品のクオリティはやはり頭ひとつ抜けている。

ラストはもちろんこの人。

日本の、そして世界のProgressive Houseシーンを牽引する名門レーベルSilk所属のプロデューサー、Shingo Nakamuraによるリミックス。

-未分類

×