EDM&洋楽のまとめサイト

洋楽!特にEDMを追求していくサイトです!

未分類

これがポストロックだ!海外メディアが選ぶポストロックの名盤ベスト10

7


10位 EXPLOSIONS IN THE SKY - ALL OF A SUDDEN I MISS EVERYONE (2007)

MogwaiやGY!BEのフォロワーという立場から、ポストロックの第一人者へと成長を遂げたテキサスのExplosions in the Sky

そのサウンドは、相変わらずのストイックな轟音系ポストロックサウンドです。

この歓喜の爆発は聴く者を前向きにさせます。聴いていて心地いいサウンドです。3rdは轟音ギターがやや影を潜めていたのですが(それはそれでギターサウンドへのこだわりを感じさせて魅力でしたが)、この4thでは違います。日頃のストレスを解消させてくれそうなギターバーストを聴かせてくれます。

轟音の中を漂うような、まどろんでいくような心地よさ…。あんなにギターを掻き鳴らすバンド、いるだろうか。explosions in the sky

Explosions In The Sky相変わらず素晴らしかった。比較的音源に忠実だからかとても文学的に感じる。轟音の中にあっても単音のギターの旋律が物語を紡いでるように響く。どこまでも美しい。

Explosions in the skyも曲知らん状態で行ったけどギターの可能性を感じた。あんな音もギターでだせるんや!ってなった

9位 GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR - LIFT YR. SKINNY FISTS LIKE ANTENNAS... (2000)

カナダ・モントリオール出身のポストロックバンド、Godspeed You Black Emperorによる2ndアルバム。2000年発売。2枚組で、1曲が大体20分前後。合計1時間30分近くある大作である。

プログレの壮大さや構築力と、パンクの破壊性を併せ持つバンド。世界の終わりを描写したような荒涼とした雰囲気。
クリーントーンのギターによる物悲しいパート。弦楽器による美しい静寂パート。無機質なドローンパート。そして全パートが一丸となったカオティックな轟音パート。曲は長いし展開もゆったり目だが、全編が不思議な緊張感に満ちている。暗く、重く、閉塞的。ひたすら内にこもるかのような、自分の内面に深く沈んでいくような音楽。

これまで存在したあらゆる形態のロックの終着点であり、現存するあらゆるロックバンドの原点ともなった、時代に楔を打ち込んだ名盤。

Godspeed you!Black Emperor、シンプルにロック音楽としてのカタルシスを味わえました…人生で聞いたギターサウンドの中でとびきり最高の一つだったかも…… pic.twitter.com/Ozpq6GaaOU

ポストロックって何じゃらホイって人は Godspeed You! Black Emperor
を聴いて欲しい(アルバム通しで

カナダのアーティストなんだけど、露出が少なくてアングラ感のある人達

英語わかんない?大丈夫歌詞ないから

一度聴いたら彼らの非凡さが理解できると思う

Godspeed You! Black Emperor's ってもっと狂騒的な、ギターウルフとかライトニング・ボルトみたいな音楽を想像してたけど違った。むしろ真逆で、世界の終わりを為すすべもなく静かに受け入れる・・・みたいな音楽だった。映画音楽みたい。

8位 SIGUR RÓS - ÁGÆTIS BYRJUN (1999)

ちょっと2枚目としては異常な完成度ですので初めて聴いた時は本当にびっくりしました。

曲の作り方はミニマルミュージックのまさにそれで、シンプルなシーケンスをじわじわ展開させていく手法を基調にしているのですが、そういった人達の中で彼らが突出していると感じるのは非常に「肉体的」な音を鳴らすところです。

最もスピリチュアルなモチーフの一つである心象風景を、肉体的なサウンドでここまで美しく表現出来るとは…凄まじいポテンシャルを秘めた人達です。

Sigur Ros の「アゲイティス・ビリュン」はアルバム一枚まるごと、深海魚の気分みたいになれるからイイ。潜水艦の中で聴きたい一枚。

シガー・ロス『アゲイティス・ビリュン』。ロック好きの友人から薦められ借りたアルバム。シンプルでありながらどこまでも沈みこんでゆくような響き。バラエティに富んだ楽曲とドラマチックな展開。この独特の世界観に足を踏み入れ、深くはまり込む人たちの気持ちもわかる。99年の作品とは思えない。

シガーロスのライブ映像見たら泣いた。結構きてんのかな自分

7位 MOGWAI - MOGWAI YOUNG TEAM (1997)

人のあっという間の人生を音で表現したような楽曲だと感じます。mogwai fear satanは、いつ、どのような気分でも聴いても心が震えます。

-未分類

×