EDM&洋楽のまとめサイト

洋楽!特にEDMを追求していくサイトです!

未分類

【ライブ初心者】府中FLIGHT/府中フライトって?キャパは?ロッカーは? ライブハウス

7


■目次■

下記、簡潔にまとめました。写真付きです。
【1】アクセス
【2】施設案内
【3】府中FLIGHTのコンセプト
【4】その他、ライブ全般の諸注意!(入場の順番、整列位置、服装、ドリンク代別など)

【1】アクセス

■住所:〒183-0006 東京都府中市 緑町1-17-18

■最寄り:京王線 府中駅

新宿からだと、【3番線】の特急・準特急・急行で行くのがいいよ。

■入場時1DRINK代:¥600を集金されるよ

①北口改札を出るよ

②右方向の階段を降りるよ

③でかい通り(甲州街道)に出たら、通りを真っすぐ進むよ

④ロイヤルホスト+駐車場で左折するよ

「★」マークの「ロイヤルホスト」【駐車場】が目印!!

⑤進んだら、右手にライブハウスの看板が見えるよ

【2】施設案内

■キャパシティ:250人

■ドリンクカウンター
ここで券とドリンクとを交換

■ロッカー:なし
(小さいライブハウスのため、そもそも荷物などは肩掛け鞄くらいにしときましょう)

・机と椅子がおかれていることもあるよ(アコースティックライブなどの場合)

・もちろんスタンディングもあるよ

【3】府中FLIGHTのコンセプト

since1990。東京・府中市にあるライヴハウス「府中Flight」です。現在フライトではバンド、アコースティック、コピー、学生、社会人、年齢、性別、国籍を問わずアーティストさんが活躍中です!出演希望の方はお気軽にお問い合わせください!結婚式二次会やダンスのホールレンタル等もお待ちしております

【4】その他、ライブ全般の諸注意!(入場の順番、整列位置、服装、ドリンク代別など)

・椅子がなく、基本的に立ち見である。
・チケット記載の整理番号順の入場である。
・最前列付近は満員電車状態、後ろに行くほど空いている。
・入場時に、飲み物代を取られることが多い。
・一般的なホールより狭いので、ステージとの距離が近い。

●ホールのライブと同じような感覚で、何も知らずに
とにかく前で見たいからと、最前列付近に行くのは危険
なことがあります。

なぜならダイブやモッシュというものが起こることがあるからです。
(・モッシュ=満員電車のずっと激しいもの
・ダイブ=胴上げで人が空中に浮かないバージョン
 モッシュの起こっている頭上を人が運ばれていく。)

府中flightは小規模なため、モッシュを見たことがありません。出演者の人気にも依存しますが。

●服装は?
基本的には何を着ても自由です。会社帰りにスーツで来てる人もいたりします。

ですが前で盛り上がりたいなら
・Tシャツ
・ジーンズやハーフパンツなどスカート以外の動きやすいスタイル
・履き慣れたスニーカーなどの脱げにくくヒールのない靴
・ツアー物販などのタオル

がベストです。
モッシュがあるとかなり汗だくになるので
激しいと予想されるライブなら着替えを用意するといいでしょう。

前に行かなくても、ヒールのある靴は避けた方がいいでしょう。

ツアーグッズのTシャツを買い、ライブ前に着替えたり
リストバンドを首にかけたタオル留めに使ってる人もいます。

●「ドリンク代別」となってるけど何のこと?
ライブハウスの多くは、ドリンク代別のシステムを取っています。
入場時にチケット代と別に飲み物代として
お金を払って入場しないといけません。
(たいていは500円)
チケットと硬貨を用意しておき、すぐ渡せるようにしておきましょう。
ドリンク代と引き換えにチケットやコインなどが渡されます。
払いたくなくてもチケットもぎとドリンク代を払うのは同時なので
払わざるを得ないです。
このドリンク代がライブハウスの大きな収入源と言われています。

チケットは専用のカウンターで飲み物と引き換えます。
ソフトドリンクとビール等のお酒、何種類かの中から選べます。
水やお茶など、ペットボトルのものを渡されたなら
ライブが開始してもフタができますが、
使い捨てのコップへ注がれることも多いため、
開演前に引き換える時はライブ開始前に飲みきるか、
後ろでゆっくり飲んだほうが無難です。

●会場に入ったら、どこに立てばいいの?
ライブハウスのライブは
たいていはチケットに記載の整理番号順に並び、
開場時間になるとその順に入場となります。
入場してからは基本的にどこで見ても自由ですが、
必然的に早い整理番号ほど前に行きやすいことになります。
逆に、遅い番号だと残念ながら最前列に行くことはかなり難しいでしょう。

無理に人をかき分けて前に行くのはマナー違反です。

みんなやっぱり前で見たいので、前方の中央に行くほど人が密集します。
それで、演奏が始まり盛り上がると自分が押す気がなくても、押しつ押されつの状況となります。軽いおしくらまんじゅうレベルから、激しい時は肩などがガンガンぶつかったり(=モッシュ)足が踏まれることもあります。

左右の脇や、後ろのほうなどはそれほど激しくない
ことがほとんどです。ほとんどのライブハウスではお酒も提供されているので
お酒片手にゆっくり壁際で演奏を楽しめます。

■ぜひ、楽しい時間をすごしてください!

-未分類

×