EDM&洋楽のまとめサイト

洋楽!特にEDMを追求していくサイトです!

未分類

世界を音と共に旅する「松本族」とは!?

7


松本族って?

ディジリドゥとハングドラムを奏でるミュージシャンとして活動していたコウジ・マツモト (右)。そして、ヒューマンビートボクサーとして世界大会に二度出演経験のあるレオ・マツモト (左)。

2010年にインドのヴァラナシで出会い、同じ松本性を持つトラベルミュージシャンとして意気投合。それぞれ旅を続けたのち 、2012年にアムステルダム、フランス、イタリ アなどのフェスで、初の共演をする。
2013年オーストラリアのメルボルンのストリートで松本族としてのキャリアをスター ト。

MatsumotoZokuは世界各地を旅しながら、様々な音楽をミクスチャー、マッシュアップしながら貪欲に吸収。そのライブは、ブラックミュージックからベースミュージック、最新のサイケデリックトランスまで幅広い音楽を肉体化し、振れ幅の広さに圧倒される、高いエンターテイメント性を誇っている。

アルバムはこれまで4枚リリース。ストリートや世界各地のフェスティバルで通算1万枚以上のCDを売り上げている!

ニューアルバム"MATSUMOTO ZOKU 2"に収録されている"Space Orca"のPV!!

1分28秒からの人力ドラムンベースの掛け合いは鳥肌!!

ライブでは常に進化を続けている一曲! ポテト チッ プス!!!

ハンガリーで開催されるOZORAフェスティバルに3年連続出演!

2013 年からOZORAフェスティバルに出演し、2014 年には日本人初のオープニングアクトをドラゴ ンネストステージでつとめ、同年の OZORA FESTIVAL オフィシャルムービーに楽曲で参加!

Matsumoto Zoku の”OZORA”は 14 分 15 秒から。OZORA フェスティバルの美しい光景とマッチ!

それぞれのソロ活動

Koji Matsumoto

福岡県出身、東京育ち。ただいま海外放浪中。
初めてのオーストラリアにて、現金、パスポート、旅券等をきれいに盗難される。
日本へ何とか帰る為に、独学でディジュリドゥでのストリートパフォーマンスをオーストラリアはパースで開始。
音楽を通して人と出会い、刺激をうけ成長していける環境に感動し、世界を音で旅するを目標に活動。
2006年から、主にオーストラリア、ヨーロッパでバスキング活動。
偶然のような必然の中で、たくさんの人と出会う。世界で見たもの、聞いた音、体感したことを通してディジュに魂を込める。
2011年には関西は大阪で行われたディジュリドゥのイベント【KANSAI DIDJ FESTA 2011】での【フリースタイルディジュバトル】にて優勝するなど、口先ではない、腹から震わせるスタイルを目指して現在活動中。

Reo Matsumoto

REO MATSUMOTO(1988年1月24日 - ) は、メルボルンとウィーンを拠点とする横浜市出身の日本人ミュージシャン、ヒューマンビートメーカー、ハンドパン奏者、ディジュリドゥー奏者、音楽プロデューサー、アーティスト。

2006年にヒューマンビートボックスに出会い、わずか二ヶ月でステージに立った以来4年間日本を中心にライヴを各年間150本以上出演、ワークショップなどを展開、バトルなどに積極的に参加し様々な功績を残し2010年に自身のビートボックスバンド’Humanism’で日本優勝を飾る。

2010年、4年間で築いた日本でのキャリアを一旦捨て、路上から”世界へ無謀な挑戦をする”と掲げ、所持金3000円とマイク、スピーカーのみを持ちなんの宛ても無く、メルボルンに渡豪。路上で稼いだ資金を元にインド、そしてNY、メルボルンと3年間修行を積む。

2013年、メルボルンにて松本族、さらにはBREATH TRIOというバンドを組み、同年2枚のアルバムをリリースし、8000枚以上のアルバムを手売りのみで売り表現の場を路上からステージに戻す。

同年、ヨーロッパ最大サイケデリックフェスティバルの一つOZORA FESTIVALに出演し、2015年まで3年間連続でOZORA FESTIVALに出演し、更には日本人初となるオープニングアクトをドラゴンネストステージで勤め、オフィシャルムービーに楽曲で参加した。

”世界において新しい音楽の形と生活に寄り添う音楽”を提唱し2013年から今日に至るまでに計7枚のCDを発表し、計1万枚以上のCDを売り、ヨーロッパツアーを4回、ロシアツアーを3回、日本ツアーを4回、世界14カ国,41都市でゲスト出演やコンサートを行う。

人間の口から生まれるオーガニックなビートと、ハンドパンやディジュリドゥーなどを組み合わせ、ヒューマンビートボックスのみにとらわれない音楽スタイルを確率し、Chill Out、Ambient, PSY, Dance, Hiphop, Dn’Bなどボーダーレスな音楽を展開し、自身のバンド、松本族ではオルタナティブオーガニックミュージックとして新たなジャンルを確率、ヨーロッパのパーティーピーポーを熱狂させる。

ハーベスタフェスティバル・LStD Festival。OZORA FESTIVAL 13’ - 15’ その他多数出演。

アーティストとのセッション・コラボレーション

松本族が日本に帰ってくる!!2016年11月6日にラビラビと渋谷J-POP CAFEで!!

-未分類

×